博ログ。

地方の中小企業の事務員兼IT担当者やってます。日々の出来事やパソコン・スマートフォンなどIT・ガジェット全般について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

カブトムシメス、脱走

8月に入り、夏真っ盛りですね。台風の動きが心配です。大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

今年から始めた昆虫飼育。飼育していると色々なことが起きます(苦笑)。ブログには書きませんでしたが、先日はノコギリクワガタオスの大顎に挟まれ痛い思いをしました。今日も夜、大騒ぎになったんです(笑)。

 

カブトムシメス、脱走

 今日仕事から帰宅した後、昆虫の世話は後にして夕食をとり、居間でのんびりしていたわけですが、洗面所付近にいた娘が悲鳴をあげて居間に駆け込んできました。

「お父さん!何かいる!飛んでる!」

かなり必死の形相。

「何なに?ゴ〇ブリ??」と私。

「わ、わかんないけど飛んでる!」と娘。

 

居間から廊下に出るドアを開けた瞬間、すごい羽音と共に黒い影が!

どう見てもゴ〇ブリではありません。カブトムシのメスでした(笑)。居間にいた妻やもう一人の娘も大騒ぎ。我が家に悲鳴がこだましました(笑)。床に落ちたところをすぐに確保しました。

 

ちなみに逃げ出したカブトムシはこちらです。

f:id:hiro-loglog:20170808030835j:plain

どうやら産卵のため、マットを厚めに敷いた飼育ケースのフタを押し上げて、自力で脱走したようです。カブトムシの力恐るべしですね。脱走したメスは、元のケースに戻してしっかりフタをし、さらに上に重しを載せておきました。

 

最後に

 そういえばカブトムシの幼虫飼育時期、こんなこともありました。

 

www.hiro-log.net

 

www.hiro-log.net

 この時の幼虫は確かオスの幼虫だったので同一の個体ではないのですが、カブトムシはかなり力が強く行動的ですね。

飼育下で脱走させてしまうと、餌も与えることができませんし、また家族にも迷惑がかかるので今後は気を付けて飼育したいと思います。

 

スポンサーリンク