博ログ。

地方の中小企業の事務員兼IT担当者やってます。日々の出来事やパソコン・スマートフォンなどIT・ガジェット全般について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Ubuntu 16.04 LTSで、ランチャーを下部に配置する

我が家のメインパソコンとなった、ヒューレッドパッカードomni120-1150jpUbuntu 16.04 LTSを導入して毎日少しずつ環境構築を行っています♪

今日は画面左に固定されているランチャーを下部に移動できるという情報を得て、実際に行ってみました。

Ubuntu 16.04 LTSで、ランチャーを下部に配置する

 普段職場ではWindowsを使っているせいか、どうも左側にアプリケーション用のランチャーのあるUbuntuは微妙に違和感を感じます。慣れの問題なんでしょうけどね(汗)。

Ubuntuは、16.04からランチャーの位置を変更できるようになったそうです。その方法を調べ、実際に実行してみました。

ランチャーの位置を変更する方法は私が調べた中では3つ方法がありました。


・dconf Editorを使う
・Unity tweak toolを使う
・gsettingsコマンドを使う


dconf Editorを使う」「Unity tweak toolを使う」については、GUI上で設定もしくは変更できるようなので扱いやすそうです。でもそれぞれまずアプリをインストールしなければならずお手軽というわけではありません。

そこで、今回はTerminalからgsettingsコマンドを使ってランチャーの位置を変更することにしました。

Terminalを開いて次のコマンドを実行します。

$ gsettings set com.canonical.Unity.Launcher launcher-position Bottom

f:id:hiro-loglog:20170922222948p:plain
おぉ!うまく移動できました♪ これは簡単です。

ちなみにランチャーの位置を左に戻したい時は、Bottomの部分をLeftに変えてあげれば戻すことができます。

$ gsettings set com.canonical.Unity.Launcher launcher-position Left

最後に

 個人的にはやはり下部にランチャーがあった方がしっくりきます♪ これでまた少し使い勝手が向上しました。引き続き環境構築を続けたいと思います。

スポンサーリンク