博ログ。

地方の中小企業の事務員兼IT担当者やってます。日々の出来事やパソコン・スマートフォンなどIT・ガジェット全般について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

産卵済みのオオクワガタメスを頂きました

今日は仕事終了後、カブトムシクワガタ飼育の師匠である同僚宅にお邪魔しました。もう1人お客さんが来ていまして、以前も同僚宅で2回ほどお会いしたことがある方です。昆虫談議に花が咲いてしまい長居してしまいました(笑)。

私がオオクワガタ飼育していることは以前お会いした時に話していたのですが、今日なんとこの方から産卵済みのオオクワガタメスを3匹も頂いてしまいました。私が同僚宅に来るのを知って、わざわざ持ってきてくださったそうです。

 

産卵済みのオオクワガタメスを頂きました

 今日オオクワガタメスを頂いて、私はとてもハッピーでした。

なぜなら、この方曰く「このメス、まだ産みますよ」とおっしゃっていたからです。

通常、オオクワガタに産卵させるためには、オスとメスをしばらく同居させ交尾させ、メスを取り出してから数日たっぷり栄養のある餌を与えてから産卵セットに投入します。

すべてうまくいったとして10日ほどはかかりますね。それが今回は産卵実績のあるメスを頂くことができ、まだ産む可能性が高いとのことで、ありがたく頂戴致しました。

 

帰宅してすぐに産卵セットを作成、2匹のメスを投入しました。菌糸材、残っていて良かったです(苦笑)。もう1匹は材の確保ができ次第セットしたいと思います。

f:id:hiro-loglog:20170817224914j:plain

通常、時期的にはすでに幼虫を取り出す頃ではありますが、この産卵セットの場合、これからセットして10月初旬頃割り出しでしょうかね。確かに遅いですが、今セットしている佐賀産オオクワガタもどの程度幼虫を採れるか分かりませんので、1匹でも多く産卵してくれることを願うばかりです。

 

最後に

 このセットを割り出す頃には我が家はカブトムシや各クワガタの幼虫飼育真っ最中になっているはずです。このセットが今年最後の産卵セットになると思います。どの程度産んでくれるか分かりませんが、来年の夏には1匹でも多く羽化させたいと思います。

 

スポンサーリンク