博ログ。

地方の中小企業の事務員兼IT担当者やってます。日々の出来事やパソコン・スマートフォンなどIT・ガジェット全般について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ノコギリクワガタが産卵

今年から始めた昆虫飼育。今夏は7月下旬から数回に渡り採集にも出かけ、一気に飼育数が増えました。毎日カブトムシの餌替えに追われ忙しく過ごしていましたが、ここのところ徐々に弱る個体が増えてきました。かなり寂しい状況になりつつありますが、今後は産卵と幼虫飼育に注力していきたいと思っています。

 

ノコギリクワガタが産卵

 そんなわけで現在、我が家ではオオクワガタカブトムシノコギリクワガタをそれぞれ産卵させるべく産卵セットを組んでいます。全部で7セットくらい組んでいますが、今日はそのうち1つ、ノコギリクワガタでようやく産卵が確認できました!

f:id:hiro-loglog:20170816050527p:plain

カブトムシノコギリクワガタはマット産みとのことで、セットして数週間すると卵や孵化した幼虫がケース外から見えるようになってくると聞いていました。セットを組んで10日は過ぎたでしょうか。そろそろ卵が見えてもいいのにと思いながらも、どのケースからも産卵が確認できずヤキモキしていました。ようやく産卵が確認できて、来季へつなぐことができ一安心です♪

 

最後に

 カブトムシノコギリクワガタの幼虫は産卵と同じくマット飼育できるとのことで、飼育コストもそれほど高くなく飼育できそうです。特にノコギリクワガタは地元千葉県産を多く飼育したいと思っているので、沢山産卵してくれると良いなぁと期待して待っています。幼虫が確認できるであろう8月下旬~9月上旬が楽しみになってきました。

 

スポンサーリンク