博ログ。

地方の中小企業の事務員兼IT担当者やってます。日々の出来事やパソコン・スマートフォンなどIT・ガジェット全般について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

映画「マレフィセント」を見た

こんばんは、ディズニー好きの博です。

 ディズニーランドディズニーシーなど、パークも大好きですが、ディズニーキャラクターや映画も大好きです。

ここのところ、プライムビデオなど、ネット動画中心で色々な動画を見ていたのですが、今日は久しぶりにディズニー映画のDVD鑑賞をしてしまいました。

ちなみに今回、ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

映画「マレフィセント」を見た

 今日見たのは映画「マレフィセント」です。「眠れる森の美女」のリメイク作品で、公開は2014年。妖精であるマレフィセント側の視点から物語が描かれています。この映画公開時、私は3回も映画館で見てしまったほど大好きな映画で、DVDが発売されるとすぐに購入しました。たまにこうして引っ張り出してきて鑑賞しています。

 

www.disney.co.jp

私は「眠れる森の美女」の話は大雑把に理解していますが、アニメや書籍でしっかり物語を見たことはありません。この映画を見るまでは、マレフィセントというと「悪役」「悪い魔女」というイメージしかなかったのです。

実際、物語の方はそのように書かれているのだと思いますが、この映画で描かれるマレフィセントは最初から「悪」というわけではなく、「人間からの裏切り」から憎悪の感情を持ちオーロラに呪いをかけてしまいます。

ただ、ストーリーが進むにつれ、このオーロラの愛らしさにマレフィセントの憎悪の心もだんだん薄れていき、呪いをかけたことを後悔するようになります。最後、オーロラへの呪いを解くのもマレフィセント自身となっており、この場面は感動的でした。

そのような心境の変化を、美しい映像と共に演じているアンジェリーナ・ジョリーがまたため息が出るくらい美しいです。そしてマレフィセントってホントこんな人なんじゃないかというくらいハマっています。

 

この映画「マレフィセント」は私の大好きな映画の1つとなっています。

 

最後に

 この映画、元となった原作やアニメを観た後の鑑賞だったら印象がかなり違っていたかもしれません。今度、ディズニーアニメ版「眠れる森の美女」も見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク